映像制作を制作会社に依頼した際に提示を受ける見積書の中には、次のような費用の項目が記載されています。まず3つの制作費です。1つ目は映像制作全体を企画し、品質の管理を統括するプロデューサーの人件費です。2つ目は実際の制作段階での演出や進行を取りまとめるディレクターと各スタッフの人件費です。

3つ目は台本の制作やナレーション原稿を作成する構成作家等の人件費です。続いて実際の撮影を行うための費用があります。まずはディレクターやカメラマン、照明、音声といった各撮影スタッフの人件費。次にスタジオを利用する際のレンタル費、役者やモデルに支払う出演料。

スタッフや出演者が撮影を行う現場まで移動したり、撮影機材を運び入れたりするのに必要や車両費。カメラや照明、音声等の機材、あるいは必要に応じてカメラの移動をスムーズに行うためのクレーンやレール等のレンタル費用を含めた機材費です。その他にも撮影場所が遠方になる場合に必要な交通費、宿泊費。セットや小道具を作成、購入するための美術費、出演者のメイクや衣装を担当するスタイリストの人件費なども発生します。

最後に出来上がった映像素材を編集するための技術費用も発生します。映像編集担当スタッフやナレーションを挿入するケースで必要なナレーターの人件費。映像に音楽を挿入するための音響効果費。映像に適した静止画や動画、CG等の作成のための制作・購入費。

最終的なDVDディスクを作成するための作成費などがあります。映像制作のためにはこのような費用が発生することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です