映像制作というのは何らかの映像を作ることです。内容としては、テレビやインターネットなどで見られるドラマなどがありますが、それ以外にも会社における研修映像や商品などのプロモーションビデオなどがあります。映像制作は、機材を使って行いますが近年はカメラも安くなり、また映像編集もパソコン上で簡単に行えるようになったため、比較的知識と経験があれば誰でも作ることが可能です。しかし、品質の高い映像を作るためには、制作過程を理解してどのような映像を手に入れたいのかを明確にしておく必要があります。

映像制作の費用は映像の内容やその映像の長さによって変わってきます。例えばロケで行う場合には旅行費用がかかりますから当然費用もアップします。アニメーションでも手書きアニメや3Dアニメなどで変わってきます。一方で施設案内などであれば特定の場所を撮影し編集するだけで良いので比較的安価ですが、それでも映像制作会社によって費用は大きく変わってきます。

30万円程度で請け負うところもあれば、250万円程度必要とするところもあります。基本的に映像制作の内訳としては、企画、撮影、技術、出演者、編集、ナレーションやSE、BGMなどの効果、そして映像媒体であるメディアの7種類があります。このさいの費用が会社によって大きく代わってきます。特にマスターだけを制作するのであれば、DVDなどに複製する必要がありませんし、またナレーターを付けなければナレーターに支払うお金も必要ありません。

このため映像の内容によって価格に大きな差が出てきますが、おおむね最低価格としては30万円程度は必要といえます。動画制作のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です