映像編集とは撮影した映像を決められた時間内に編集を行う事が求められる仕事です。例えば、テレビコマーシャルなどの場合は、15秒間などのように1つの映像の放映時間が決まっているため、映像編集の中では決められた時間内で映像を見て貰い訴求力を持たすものに編集をすると言った重要な役割があります。映像編集の求人の中に求められる事は、好奇心や向上心、コミュニケーション能力などだと言われていますが、目的を達成すると言う強い意志が求められるため、求人に応募する時にはどれだけの熱意があるのかが合否の分かれ道とも言えましょう。尚、映像編集の求人は、ベテランを求めるだけではなく、未経験者を求めているケースも多くあります。

未経験者には新卒者と既卒者の2つ以外にも、他の業界で社会人として会社勤めの経験を持つ人も含まれています。未経験者可能の求人の多くは、26歳までや30歳までと言った具合に、比較的年齢層が若い人を対象にしているケースが多いのですが、映像業界においては30代半ばくらいまでの人を対象にしているケースが多くあります。映像業界で活躍をしている人の中には30代半ば未経験の状態で転職をし、映像クリエータとして活躍している人もいるなど、映像業界出の求人は未経験者でも可能なものが多くあります。勿論、経験を持つ事で即戦力と言う事になりますが、映像編集などの仕事の場合、人を育てようとする姿勢を持つ制作会社が多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です