映像編集と言えば、テレビ番組や映画に携わるというイメージが持たれているのですが、実はテレビや映画といった分野は下火になりつつあります。一方、右肩上がりで成長している分野がインターネット向けの映像編集であり、かつての業界とは少し違う人材を求めて求人を出している会社も増えています。ただし、見てもらう仕組みは変化しても映像編集の根本が変化するわけではなく、やはり制作者と技術者という構成により成り立っています。制作者はプロデューサーや放送作家、ディレクターなので特殊なスキルは持ち合わせいなくても問題が無く、適切な判断が求められます。

技術者に関しては各々の担当により求められるものが異なりますし、全てにおいてハイレベルです。映像編集ならデザインに関して学ぶことができる専門学校に通っていなければ通用しないですし、撮影する側のカメラマンであれば写真の学校に通っていた方が良いです。ただし、これらの教育機関に通っていなければ求人に応募できないというわけではなく、畑違いの業種から転職してくる方も多いです。一見即戦力にはならない印象に感じられるのですが、昨今では自宅でも本格的な映像編集が行える環境が整備できるので、趣味で得た技術を元にして活躍しているという方も多いです。

そして、求人に応募して入ったものの最終的には独立し、フリーランスという形態で業務を請け負っていくという仕事の進め方を選んでも良いでしょう。動画制作のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です